遺品整理後に空き家を放置していたら

主人の実家の話ですが義父が亡くなり、遺品整理をした千葉の実家がすっきしたところ、広い一軒家に住むのが怖いと義母が言いだしました。家族会議の結果、実家を処分するのも大変なので、とりあえずこじんまりしたマンションを購入して、実家はそのままにして義母が移り住む事になりました。

新居に必要なものだけを購入して移り住んだ母は、鍵一本で出かけられるマンション暮らしに満足して、実家は放置状態になりました。
私達子世帯も、いずれ片付ければいいとのんびり構え、放置されたまま数年がたちました。
ある日、実家の隣の方から母に実家で最近物音が頻繁にする、一度見に戻ったほうが良いと連絡がありました。

母から電話をもらった主人と私は、義母を伴い実家に行きました。
門をあけると庭には、大量の空き缶の山。
家に入ると、見知らぬ荷物がありました。

長く放置していた実家にはホームレスの方が住み着いていたのです。
家財道具もほぼそのままにしていたので、それを使って料理等もカセットコンロを使っていたようです。家族で震えあがりました。

暫くして自転車で戻ってきたホームレスの方は大変驚いて謝るばかりでした。
反省されていたので、片づけて出ていっていただく事で警察に届ける事はしませんでした。
火事でも出ていたらと思うと本当に恐ろしかったです。

その後、すぐに実家は解体し土地を売却しました。

カテゴリー: 片付け, 遺品整理 パーマリンク