衣類がとてもたくさんありました。

祖母が亡くなった時に、祖母の家を取り壊すことになっていたので空き家を遺品整理で片付けをすることになりました。親戚総出で片付けたので人数だけは多かったです。粗大ごみや家電は祖母の家の近くに住んでいる叔母やいとこ達が粗大ごみの日に捨ててくれたりしていました。そのためみんなで片付けるのは家具と日用品や祖母の衣類などです。

そこだけ聞くととても簡単そうに聞こえると思いますが、その衣類が大変でした。タンスから出しても出しても出てくるのです。それも私も入ったことがない部屋があったのですが、その部屋にもタンスが置いてあって衣類があったのです。一つづつ中身を確認してから、指定のゴミ袋に入れていきました。

叔母が言うには指定のゴミ袋を結構な数用意をしていたそうですが、足らなくなっていとこが買いに走っていました。

着物などいちいち確認して捨てる必要もなかったのかもしれませんが、もしも祖母が隠していたへそくりや需要な書類が出てきても困るので丁寧に仕分けてったので時間がかかりました。実際に本当に祖母のへそくりが見つかって、そのお金で片付け後にみんなで食事に行きました。

カテゴリー: 遺品整理 パーマリンク